名古屋の医療レーザー脱毛クリニック選びで大事なことは?

選ぶ時に見る、重要なポイントを3つご紹介します。

  • 料金はリーズナブルか
  • 効果が高い医療脱毛機器を使っているか
  • 効果を実感できている口コミが多いか

当サイトでは、これらのポイントを集約し、名古屋でおすすめの医療レーザー脱毛クリニックを選り分けてみました。その中から特におすすめのベスト5を発表しましょう!

名古屋で選んだ医療レーザー脱毛クリニックBEST5


表参道スキンクリニック名古屋院
URL:http://www.depisite.jp/
表参道スキンクリニック名古屋院所在地

【所在地】
名古屋市中区錦3-17-15
栄ナナイロ8F

【診療時間】
11:00~19:00

【アクセス】
地下鉄「久屋大通」駅、「栄」駅、
名鉄瀬戸線「栄町」駅
セントラルパーク8番出入口より
徒歩1分

主な施術料金 ●両ワキ:3,000円(1回)
●両腕ヒジ下:13,000円(1回)
●全身脱毛:65,000円(1回)
脱毛機器の
効果

世界でも広く効果が認められている医療レーザー脱毛機器「SLPA」(スーパーロングパルス・アレキサンドライトレーザー)を導入。

「SLPA」は日本人の肌質や毛色と相性が良く、ヤケドや色素沈着を起こすことなく安全に脱毛処理ができる

脱毛にかかる時間が短く、ワキであれば数秒、全身脱毛は約1.5時間で完了できる。

必要な施術の回数も少なく、平均5回程度で終了

口コミ

●アパレルショップ勤務で、制服は半そでとタイトミニ。やむを得ず脱毛しましたが、結果、ツルスベな肌を手に入れる事ができて、効果にビクッリ!今では自慢のお肌です。

●クラブでピアノを弾いている仕事柄、背中の開いたドレスを着ています。気になっていたムダ毛を脱毛したら、お客様に「肌がキレイだね」とほめられました!

●学生の頃から毛深いのがコンプレックスで、表参道スキンクリニック名古屋院に相談しました。やってみると痛みも気にならず、キレイな肌に!今は自由にファッションを楽しんでいます。

●姉妹でケンカするたび、妹に「おっさん足」とからかわれて悔しかったので脱毛しました。生意気だった妹も「お姉ちゃん足すべすべ」とびっくりした様子で羨ましそうです。


Nセントラルクリニック
URL:http://www.n-cli.jp/
Nセントラルクリニック所在地

【所在地】
愛知県名古屋市中村区名駅南1-19-13 AEビル7F

【診療時間】
月、金/10:00~21:00
火~木、土~日/10:00~18:00

【アクセス】
JR「名古屋」駅より徒歩2分

主な施術料金 ●両脇:10,500円(1回)
●両前腕(肘から手首):15,750円(1回)
●全身脱毛:315,000円(1回)
脱毛機器の
効果
ダイオードレーザーと高周波(RF)を併せ持つ医療脱毛機器「コメット」を使用。色黒の人、肌にくすみのある人も安全に脱毛できる。
口コミ

●他のクリニックより脱毛スピードが速い気がします。痛みも少なめなので続けやすいと思います。

●照射1回目から効果を得られて嬉しい!もう少し料金が安ければいうコトなしです。

●確実に脱毛の効果を感じられると思います。エステの光脱毛とは違いますね。

●アフターケアがちょっと手薄?脱毛技術や効果に関しては満足しています。


あいち美容クリニック
URL:http://www.aichi-b-c.com/
あいち美容クリニック所在地

【所在地】
名古屋市中村区名駅4丁目26番25号 メイフィス名駅ビル2F

【診療時間】
11:00~21:00

【アクセス】
JR「名古屋」駅より徒歩3分

主な施術料金 ●両脇:10,500円(1回)
●両前腕(肘から手首):15,750円(1回)
●全身脱毛:315,000円(1回)
脱毛機器の
効果

アメリカ・ルミナス社製のダイオードレーザー「ライトシェア」を使用。うぶ毛・色素の薄い毛・細い毛の処置もできる。

1ヵ月半~2ヵ月ごとの照射で、平均5~7回通院すると永久脱毛効果が期待できる。

口コミ

●脱毛は看護師さんがやってくれるので安全性が高いと思います。

●痛みはほとんどなく、効果もまずまずでした。医師がカウンセリングしてくれるので安心です。

●クリニック内が清潔で◎。落ち着ける雰囲気で、通いやすいと思いますよ。

4位
城本クリニック
URL:http://www.shiromoto.to/
城本クリニック所在地

【所在地】
愛知県名古屋市中区錦3-5-4 アネックスビル11F

【診療時間】
10:00~19:00

【アクセス】
地下鉄名城線・桜通線「久屋大通」駅南口より徒歩0分

主な施術料金 ●ワキ:63,000円
●ひじ下:157,500円
※1年間で7回のフリープラン
脱毛機器の
効果

ルミナス社製のアレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーを使用。肌質に合わせて出力を調整することで、皮膚の弱い人やアトピー体質の人でも施術可能。

施術時間は両ワキなら約5分。

口コミ

●気になっていた毛穴もキレイになり、ツルツルの肌になれました。今では自己処理いらずです。

●痛みを心配していたのですが、ほとんど気になりませんでした。脱毛にかかる時間も短めです。

●効果には満足しているんですが、料金がもうちょっと安いといいなぁ…。

5位
サラ美容外科
URL:https://www.sara.gr.jp/
サラ美容外科所在地

【所在地】
名古屋市中区錦3丁目4番13号 第43オーシャンビル3F

【診療時間】
10:00~19:00

【アクセス】
地下鉄「栄」駅より徒歩2分
地下鉄「久屋大通」駅より徒歩1分

主な施術料金 ●ワキ:3,240円(1回)
●二の腕:16,200円(1回)
脱毛機器の
効果

国から認可を受けた、脱毛レーザー機器を使用。内蔵の冷却システムにより痛みや身体への負担を最小限にでき、ほとんどの部位を脱毛できる。

ただし、細い毛や色の薄い毛の脱毛は不可。照射時間は両ワキ約5分。

口コミ

●毎回、医師が皮膚の状態を確認してレーザーの出力調整をしてくれます。肌質の弱い私でも安心して脱毛できました。

●痛みは輪ゴムでパチンと弾かれた程度ですね。デリケート部分でもリラックスして治療を受けられます。

●パウダールームがあるなど、設備がよくて嬉しい!予約も取りやすいと思います。

脱毛方法の種類とそれぞれの特徴

医療脱毛をしたいけれど、どうしたらいいかわからないや、どの方法がいいのかわからない人は数多くいるでしょう。ここでは、4種類の医療脱毛についての特徴やメリットやデメリットまで詳しく説明をしていきます。

まず1つ目の医療脱毛の方法は、ニードル脱毛です。この方法は、毛穴の一つ一つに細い針を刺して、弱い電気や高周波を流すことにより、毛根を破壊します。

2つ目の医療脱毛の方法は、ワックス脱毛です。この方法は、脱毛専用のワックスを皮膚に塗ることにより、毛根から脱毛をする方法になります。

3つ目の医療脱毛の方法は、光脱毛です。この方法は、光線を使って、毛球や毛乳頭を処理します。

4つ目の医療脱毛の方法は、医療用の脱毛レーザーを使って、毛根の近くの細胞を損傷させる医療レーザー脱毛です。これらの方法は、エステサロンやクリニックなどでできます。東京や大阪や名古屋などの大都市圏であれば、対応できるクリニックなども多くあるのです。

1.ニードル脱毛

ニードル脱毛は、金属アレルギーを防げるチタンやゴールドなどで加工された針を使って、脱毛する方法です。直径が0.05mmから0.15mmの細い針を、毛穴の一つ一つに差し込んで、電気や高周波を流します。電気や高周波を流すことにより、毛根部が破壊され、毛が再生されることを防ぐ方法です。

ニードル脱毛は、エステサロンや脱毛エステで行うことはできません。クリニックなどの医療機関でないとできないのです。

ニードル脱毛のメリットは、まずは毛根を一本ずつ処理する方法のため、確実に処理できることです。次に、色素が薄い毛や細い毛にも対応できます。さらに、レーザーがあてられない目元や眉毛などにも対応できます。

一方デメリットは、毛穴に一本一本針を刺していくため、時間がかかることです。また、一本一本針を刺していく方法のため、部位によっては痛みを感じることがあります。

2.ワックス脱毛

ワックス脱毛は、主にエステサロンなどで行われている方法です。自己処理で行う人もいるほど、低価格で簡単にできるので、人気の脱毛方法です。

ワックス脱毛の方法は、脱毛専用のワックス剤を、脱毛したい範囲に塗ります。一定の時間が経過して、ワックスが固まったらはがします。はがすことにより、ワックス剤に固められた毛が、ワックス剤にくっついて毛根から抜けるのです。

ワックス脱毛のメリットは、産毛などの細かい毛もまとめて処理できます。次に、毛根から処理されるため、カミソリで剃るよりもまた生えてくるまでの時間が長くなるのです。さらに、ワックスと同時に古い角質もはがされるため、透明感のある白い肌になります。

一方デメリットは、複数の毛を一気に抜くために、痛みを伴う場合があります。また、肌への刺激やダメージがあるのです。

3.光脱毛

光脱毛は、フラッシュ脱毛やIPL脱毛やプラズマ脱毛などと呼ばれるエステサロンなどで行われる脱毛方法です。その方法は、キセノンフラッシュ光線や特殊偏光フィルムを使って、一瞬発光させることで毛根へのアプローチをします。複合波長光線を使うことで、光線が脱毛をする部分の多様な毛質や毛根の深さにきちんと届くようになっています。

光脱毛のメリットは、まずは一回で複数の毛を抜くことができるため、短時間で処理できることです。また、医療レーザー脱毛に比べて、痛みが少なく、比較的安価でできることです。さらに、毛が表面にでてきていなくてもできます。

一方、デメリットは、医療レーザー脱毛に比べて、出力が弱いため、効果が限定的な場合があることです。また、毛を剃ったあとで、毛が肌の表面からでていない状態では、光脱毛ができないことです。

4.医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、黒っぽい色に反応するのが特徴の医療用脱毛レーザーを使って、脱毛したい部分にレーザーを当てる脱毛方法です。メラニンを探しだしたレーザーが、熱で毛を破壊し、毛根の近くの細胞を損傷させて毛の再生を抑制します。

医療レーザー脱毛の施術中は、レーザーが目を刺激するのを防ぐため、サングラスをかけます。また、肌のダメージを防ぐため、冷却用のジェルを塗るのです。

医療レーザー脱毛のメリットは、一度に何本もの毛を処理するため、スピーディーに施術ができます。また、毛を剃った後で肌の表面に毛がでていなくても、施術をすることができるのです。

一方デメリットは、光脱毛に比べて大きな出力で行うため、痛みを伴うことがあります。また、肌へのダメージがかなりあるので、施術の前や後に、保湿などのケアが必要になるのです。

更に細かく分けられる脱毛の種類

他の脱毛方法として、シェービングがあります。シェービングとは、専用のカミソリを使って、産毛や細い毛などを剃っていく方法です。

カミソリをそのまま使うと、肌を傷つけてしまう恐れがありますので、基本的にシェービングジェルやシェービングクリームを塗ってから行います。そして、クリームなどを取り除くように、優しくむだ毛を剃っていく方法です。

シェービングのメリットは、古い角質なども削り落されますので、剃った後は白くて透明感のある肌が期待できるのです。また、光や電気などの医療脱毛処理と比べて、安価で行うことができます。一方、デメリットは、刃物を扱うため、実施できるクリニックが少ないことです。

さらに、他の脱毛方法として、まずは毛1本1本に、細い木綿糸を絡ませてから素早く引っ張る糸脱毛という方法があります。他にも、肌の表面の毛を、化学反応で溶かす除毛クリームを使う方法があるのです。ただし、敏感肌の人は、使わないほうが良いでしょう。

永久脱毛におすすめの脱毛方法はどれ?

クリニックなどの医療機関で永久脱毛をすると、永久に毛が生えてこないと理解している人が多いでしょう。しかし、たった1回の永久脱毛で、毛が生えてこなくなるわけではありません。

永久脱毛に限りなく近づけるためには、数多くの脱毛回数が必要です。また、回数が多くなるほど金額がかさみますので、簡単には永久脱毛はできないのです。永久脱毛ができるクリニックなどの医療機関は、東京や大阪や名古屋などの大都市圏にはわりと多くありますが、遠方から何回も通うとなると大変です。

永久脱毛は、医療機関でしかできません。エステサロンや脱毛サロンなどが永久脱毛をすると、法律違反になりますので、注意が必要です。

そのため、強い脱毛効果がある医療脱毛であるニードル脱毛や医療レーザー脱毛は、クリニックなどの医療機関でないとできないのです。また、エステサロンなどが、永久脱毛できますなどと広告をだすだけでも違反になります。家庭用脱毛器や永久脱毛クリームでも違反です。

医療脱毛に使用される麻酔とその効果

医療脱毛は、方法ややり方によっては痛みを伴う場合があります。エステサロンや脱毛サロンで行われる光脱毛よりも、レーザー脱毛などの医療脱毛の方が高い効果が期待できますが、その分、強い痛みが発生します。

そのため、最近ではレーザー脱毛などが行われる時に、麻酔をして痛みをやわらげるクリニックも増えています。医療脱毛で使用する麻酔の内代表的なものは、笑気麻酔や麻酔クリームや麻酔テープの3種類です。

1つ目の笑気麻酔ですが、歯科医院でなどで使われる麻酔の一種です。笑気ガスを用いた麻酔で、リラックスさせる効果が高く、笑気ガスを吸い込むと落ち着くことができます。

2つ目の麻酔クリームは、局所麻酔と呼ばれるもので、施術を行う場所に塗ることにより感覚を麻痺させます。痛みが感じにくくなる種類の麻酔で、笑気ガスによる麻酔よりも効果が高いです。

3つ目の麻酔テープは、病院で注射をする時に使うこともあります。麻酔薬がついているテープを、直接皮膚に貼ることで効果を発揮するのです。

医療脱毛とエステ脱毛の違いとは?

脱毛するためにインターネットで色々調べてみると、「医療脱毛」と「エステ脱毛」があることに気が付きます。しかしながら、両者の違いとはどこにあるかよく分からない人は多いかもしれません。

医療脱毛とは美容外科などの医療機関で行われる脱毛施術であり、医師など医療スタッフの手で行われます。医療脱毛では脱毛用の医療レーザーを用いて施術することが一般的であり、レーザーも数種類の中から最適なものを選んで行われます。

かつてのレーザー脱毛では痛みを伴うことがありましたが、最近では機器が改良されたことで苦痛を軽減できるようになりました。医療機関で行われるので、もし皮膚の炎症が生じれば軟膏剤を処方してケアしてくれます。

一方、エステ脱毛はエステサロンで実施される脱毛です。エステサロンで行われる脱毛は光脱毛が主流です。光脱毛にもいくつか種類があり、IPL方式やSHR脱毛など、状態に応じて適切なものが使われます。エステ脱毛では月額制を採用している施設が多く、お得なキャンペーン期間を設けて人を呼び込んでいます。

お店によっては全国で展開している大規模チェーンもあり、名古屋のような大都市に店舗を構えています。店舗数が多いので気軽に来店できるメリットがあります。

医療脱毛をおすすめする理由

医療脱毛で使われる脱毛機器は、その効果をかなり追求していて威力の高さに定評があります。しかも厚生労働省が認可した医療機器を用いることも大きなポイントです。また威力のある機器を使用するため、医師にしか扱うことが許されていないことも注目すべき点です。

医療機関で使われる脱毛機器は、毛に含まれる「メラニン」という物質に反応する波長の光を使用します。威力が強いので、施術に必要な時間を短縮でき、太い剛毛でも脱毛が十分可能です。

そして医療機関に通う期間も短く済ませられるので、時間的なコストが抑えられます。また万が一脱毛施術でトラブルが生じても、医療機関なので薬を使ってすぐに対処することができます。このように効果・安全面からも医療脱毛がおすすめです。

また、一人一人に合わせた脱毛施術を行えるのも医療脱毛のメリットかもしれません。医療機関では、肌の状態をチェックしてから脱毛施術を行うのが基本です。

そして脱毛施術を受ける前に、医師によるカウンセリングが行われます。ここで脱毛に関して不安や疑問を直接医師に聞くことができるので、安心して施術を受けられます。もちろん医療機関であれば、施術中や施術後のアフタケアもしっかりしています。

顔脱毛なら医療脱毛が安い?

隠すことができない顔は一番人目につくパーツです。その分ムダ毛も目立ちやすく、時間をかけて処理をしている方も多いでしょう。

それが面倒な方は顔脱毛を選択しています。しかし顔に生える毛は産毛が多く、メラニン色素の少ない毛です。光脱毛や医療脱毛のキーとなるメラニン色素への反応が起きづらく脱毛完了までに時間がかかる部位です。施術回数も多くなり、回数制限のあるコースだと金額が高くなってしまいがちです。

一般に医療脱毛の方が、脱毛効果が高く施術回数は少なくて済みます。顔脱毛にも同様のことは言えますが腕やわきに比べて時間がかかるのも事実です。顔脱毛をする際は医療脱毛を採用して、できるだけ少ない回数で確実な効果を得ましょう。

結局脱毛の金額を押し上げてしまうのは施術回数です。当初契約した回数で満足できず、追加の契約をすると割高になったり、後からトータルで考えると結構な金額になったりすることもあります。不安な方は脱毛し放題のプランを用意しているところを選ぶと更に安心です。

顔脱毛が完了するまでの回数

医療竜網のケースで言うならば毛の量と顔の肌の状態で個人差がありますが8回くらいで自己処理が不要になります。

1回の施術で抜け落ちる毛の量は顔全体の10%程度と言われています。鼻の下や眉間など比較的黒い毛の部分は早く抜け落ちていきますが色素の薄い産毛はどうしても時間がかかります。

5回目くらいになるとだいぶ脱毛の効果を実感できます。毛量が減り、毛穴が引き締まって肌がきれいになるのがこのころです。

ただし、自己処理はまだ必要なレベルです。8回目を迎えると産毛もほとんどなくなり自己処理はいらないと言ってもいいでしょう。残ってもよく見ないとわからないレベルの毛しか残りません。

それも抜いて完全にツルツルのお肌になるには2,3回施術回数をプラスしてトータルで10~11回程度の施術回数で落ち着きます。エステなどで行っている光脱毛にすると大体15回程度かかるのが普通です。重ねて、サロンによっては産毛の抜け方がまちまちだったりするので産毛に関してだけ言えばサロンの脱毛はお勧めできません。

医療脱毛のよる顔脱毛の料金相場

顔脱毛を実現するにはある程度の回数通わなければならないのは業界共通認識なので顔脱毛は1回きりと言うことは少なく、5回程度の施術がまとまった金額になっていることが多いです。

毛量が減るだけでなくつるつるの肌を目指すなら始めから8回くらいのコースを選択しておきましょう。医療脱毛は平均で5回で10万円を超えるどうか、8回で12,13万円ぐらいが相場です。顔全体ではなく、鼻の下だけ、顎だけなど特定のパーツだけにすると1パーツ5回で4万円程度に収まります。

ただし特定のパーツだけに限るのはどこか一か所だけ特別毛が気になるときにしておきましょう。産毛のないつるつるの状態を体感してしまうと他のパーツも一緒にしておけばよかったと後から思うケースが多いです。自分の予算と顔の状態を考えながら検討しましょう。

また他のパーツとセットにしたりすると割引してもらえることもあります。全身脱毛とセットにすると顔脱毛だけの価格よりずいぶん価格が下がることもあるので詳細は気になるクリニックに問い合わせてみましょう。

顔脱毛に適してた医療脱毛機器は?

顔脱毛に使う医療機器は施術しながら冷却していくタイプのものが多いです。

施術時の熱によって施術箇所が熱を持ったり赤みを帯びたりすることがあります。腕や足は症状がひくまで隠しておけますが顔はそうはいきません。特に女性はそんな状態でも化粧をしてしまって症状を悪化させることがあります。

冷却しながら施術ができれば肌を荒らしてしまうリスクを最低限まで減らせます。また多少日焼けしていても対応できる機械もあり、服で隠せない顔だからこその事情に対応できる機器が適しています。

1.ジェントルレーズ

現在日本国内で最も多く使われている医療レーザー脱毛機器がジェントルレーズです。

日本人の肌のメラニン量との相性がよいアレキサンドライトレーザーを使っていることと、照射範囲が広いので照射回数が少ないことが大きな特徴になります。

肌へのダメージが減らせることも魅力です。体に接触せずに照射していくので施術担当者の力量に大きく左右されずある程度同じ質の施術効果を出すことができます。脱毛目的だけでなくシミやニキビの改善を目的とした美肌治療にも使われている機器です。

そしてレーザー照射前に冷却ガスを当てて施術を行うので冷却ジェルを塗る必要がありません。施術時に塗る冷却ジェルの冷たさが苦手な方でも安心して施術を受けることができます。

2.ライトシェアデュエット

脱毛効果が高く、肌への負担も少ないダイオードレーザーを使っているのがライトシェアデュエットです。

多少の日焼けであれば対応できるのでうっかり日焼けしてしまった場合でも治療をお休みする必要がありません。うっかり日焼けの確率が高い顔脱毛にはありがたい機器です。

ダイオードレーザーの施術には冷却ジェルが必要ですがライトシェアデュエットなら吸引による接触冷却があります。ダイオードレーザーを使っていながら冷却ジェルが不要な大変便利なタイプです。

照射口が大きく、治療時間が短いことも特徴の一つです。この大きな照射口は吸引システムを持っており皮膚を広げた状態で照射して痛みの軽減を図っています。照射範囲が広い分だけ狭い骨ばった範囲には使うことができません。

3.ジェントルヤグ

YAGレーザーを使用しており、肌の黒い人でも比較的対応できるのがジェントルヤグです。

日焼けした皮膚でも治療を始めることができます。他のレーザーは一般的に日焼けの色が抜けるまで施術できませんがジェントルヤグならそれを待つ必要がありません。

YAGレーザーは波長が長く肌の奥まで届く特徴を持っており、その性質を利用した機器です。肌の黒さによってはやけどのリスクも伴うので施術時には必ず肌の状態を確認して相談をしましょう。

ジェントルヤグはそのYAGレーザーに冷却空気で皮膚表面を保護しながら照射を行う形になります。レーザーの照射範囲が狭いので広範囲には向きませんが骨ばったパーツを細かく施術するには向いています。ただし他の医療脱毛と比べて痛みが強いと言われているので注意が必要です。

4.メディオスター

従来の脱毛方法は毛母細胞を破壊する方法でしたが、メディオスターは発毛の幹細胞となるバルジ領域を破壊する新しいタイプの機器です。

レーザー脱毛とは異なりメラニン色素が関係なくなるので白い毛の脱毛や日焼けした肌でも使うことができます。痛みも少なく暖かいものを肌に当てているような感触がするだけです。

2000年前後に発見されたメカニズムなのでまだまだ機器は発展途中で新しい機器が次々出てきています。より最新型であるメディオスターNextやNextProとなると導入されているクリニックも限られ、場合によっては東京や名古屋など大都市のクリニックでさえ、2,3件しかないエリアもあります。もちろん従来の脱毛方法も用意されているので担当医師と相談して施術方法を決めましょう。

顔脱毛した後のアフターケアも大切!

レーザー脱毛で肌に当てた光エネルギーがメラニンと反応することで熱エネルギーに変わります。この熱エネルギーが毛根にダメージを与えますがこの熱によって肌の水分も失われます。

特に医療レーザーは光の熱で毛根や毛乳頭を焼き切ってしまい完全破壊します。これが永久脱毛のシステムですが毛穴にわざとやけどを起こさせている状態と同じ状態です。施術後は肌がカラカラになっており、バリア機能も低下しています。すぐに保湿をして肌に水分を浸透させましょう。

また冷やして炎症を抑えることも重要ですが熱で毛根を殺す仕組み上、冷やしすぎると脱毛効果まで下げてしまいます。こもった熱まで全て冷ましてしまわないように冷やしすぎには注意しましょう。

脱毛当日は肌への刺激物を避け、お風呂もぬるいお湯にして血流を刺激しないようにします。毛穴の炎症リスクを抑えるためには必要なケアです。普段使っている化粧品にアルコールやメントールが含まれている場合は脱毛当日のみ避けた方がいいでしょう。

永久脱毛すると本当に毛が生えてこなくなる?

自分でムダ毛の処理をするのも面倒ですし、自己処理をすると肌荒れする、肌にトラブルが起こることも少なくありません。

永久脱毛を受ければムダ毛や肌トラブルの悩みから解放されると考えて、脱毛を受ける方も多いでしょう。そして永久脱毛をうければ、そこからはムダ毛が生えてこないと考えてしまうでしょう。永久脱毛を受けることでムダ毛がきれいになり、長期間ムダ毛が生えてこないケースが多く見られますので、ある程度の永久性は期待できるでしょう。

しかし全くムダ毛が生えてこないのではなく、脱毛を受けて数年経過してから、数本ムダ毛が生えてくることもあるのです。

・「永久脱毛」の定義

永久脱毛を謳っている脱毛サロンやクリニックもみられますが、日本では永久脱毛に関する明確な定義がありません。

永久脱毛に関する定義はアメリカで設けられた定義を参考にすることが多いです。アメリカの電気脱毛協会は、脱毛完了後から1カ月経過した時点で毛の再生率が20%以下であることと定義づけています。

もうひとつ永久脱毛の定義を定めているのがアメリカの政府機関である食品医薬品局です。そこではレーザーを3回照射後、6ヶ月以上経過しても67%以上のムダ毛が減っていることと定義づけています。

脱毛方法にもいくつかの種類がありますが、ニードルだけが現在永久性が認められている脱毛法になるのです。

ニードルとは毛穴に針を差し込んで電流を流して毛乳頭を死滅させることで、ムダ毛を処理していく方法になります。毛量の多い部分は時間もかかりますし、針を刺す時と電流を流すときに強い痛みを伴います。

現在主流のレーザーや光脱毛と比べると費用も倍以上かかってしまうのですが、ムダ毛を確実に処理する能力はレーザーや光よりも上なのです。

永久性が認められていてもニードル脱毛を選ぶケースは少なく、多くの方がレーザーや光脱毛を選んでいるのが現状です。レーザーや光でもムダ毛を減らす高い効果が期待できるでしょう。

医療脱毛にもメリット・デメリットがある

クリニックではレーザー脱毛のサービスを提供しているところがほとんどです。レーザーは医療従事者が扱うことが法律で定められていますので、クリニックや病院でしか受けられない施術です。

レーザーはムダ毛の黒い部分(メラニン色素)に反応して、毛乳頭にダメージを与えることでムダ毛を処理していく脱毛方法になります。光脱毛とムダ毛を処理する仕組みは同じなのですが、光よりも脱毛効果が高いと言われています。

名古屋にも医療脱毛が受けられるクリニックがたくさんみつかりますが、医療脱毛のメリット、デメリットについて理解してから脱毛を受けるかどうかをよく考えてみましょう。

・メリット

医療脱毛のメリットのひとつが高い脱毛効果が期待できることです。脱毛を受けるときに医療脱毛か脱毛サロンの脱毛(光脱毛)で迷う方が少なくありません。

どちらの脱毛方法もメラニン色素に光やレーザーが反応して、毛乳頭を死滅させることでムダ毛を処理していきます。レーザーの方が、出力が強いため高い脱毛効果が期待できるのです。

エステや脱毛サロンと比較してみると、少ない回数で脱毛が完了できるでしょう。結婚式などの予定が控えていて短期間で脱毛を終了させたい方や、ムダ毛が濃い方には適した脱毛法だと言えます。

脱毛はある程度コンスタントに通うことで効果が期待できるのですが、仕事などで忙しい、サロンの予約が取りづらかったりすると、定期的に脱毛に通うことが難しくなります。その点医療脱毛は少ない回数で脱毛が終わりますので、忙しい方には最適です。肌が弱い方や肌トラブルが心配な方も安心して受けられます。

医療脱毛はクリニックや病院で受けますので、施術中や施術後に肌にトラブルが起こってしまった場合でも、すぐに処置をしてもらえます。

今までムダ毛を自己処理していた場合、摩擦による刺激で肌に黒ずみがみられる方が少なくありません。レーザーは黒い部分に反応しますので、肌の黒ずみを解消する効果も期待できるのです。

・デメリット

医療脱毛にもいくつかのデメリットがあります。出力が強く高い脱毛効果が期待できるのですが、その反面肌に強い負担がかかることがあります。脱毛を受けるときに痛くない脱毛法を選びたい、という方も多いでしょう。

レーザーは高い出力が魅力なのですが、特にムダ毛が多い初期の頃は、強い痛みが出やすくなります。その点光脱毛は出力が穏やかですので、レーザーよりも痛みが少ないのです。

痛みに耐えられないと言う方は、医療脱毛は向いていないかもしれません。黒い色に反応しますので、肌の状態によっては施術を断られることがあります。海やアウトドアに出かけて日焼けしてしまった肌は、熱を持っていますし日焼けもしています。ムダ毛だけでなく肌の黒い部分にもレーザーが反応してしまい、肌トラブルが起こる危険性が高くなるため施術自体ができなくなるのです。脱毛費用に関しても高くなります。

以前と比べるとレーザー脱毛の価格は下がっているのですが、光脱毛と比較してみると、同じ部位の脱毛でも倍以上の費用がかかってしまいます。しかも脱毛は健康保険の適用外となりますので、部位や回数によっては負担もかなり大きくなるでしょう。

肌にシミやあざ、ほくろなどがある場合も火傷のリスクが高くなります。レーザーはほくろやシミ取りなどにも使われますので、それらに反応してしまうからです。

未成年向けの脱毛プランがあるので10代でも大丈夫

近頃はファッションも低年齢化が進み、子供でもムダ毛を気にするケースが少なくありません。脱毛サロンや医療脱毛クリニックでも、子供向けの脱毛プランを提供しているところが見られるようになってきました。

ただし未成年が脱毛に通う場合は、それぞれのクリニックごとに条件が定められていますので、それをよく理解したうえで申込みをする必要があるでしょう。

医療脱毛クリニックの中には、脱毛を受ける条件(年齢など)を設けていないところもありますので、小学生以下のお子様でも希望すれば脱毛が受けられるのです。また他のクリニックでは14歳や16歳といったように年齢による制限を設けています。ただしどこのクリニックでも親の同意者が必ず必要になります。

未成年で脱毛を受けるメリット、デメリットがありますのでよく理解してから、脱毛を受けるかどうかを考えてみましょう。メリットは学割が使えるところが多いため、お得に脱毛ができること、自己処理による肌トラブルが防げることです。

デメリットに関しては成長に伴ってムダ毛が再生する可能性が高いこと、肌にトラブルが起こるリスクが高くなってしまうことが挙げられます。医療脱毛は脱毛に関する相談だけでも受けられますので、気になる点はお医者さんに相談してみましょう。

剛毛でも医療脱毛はできる!

ムダ毛が男性並みに濃い剛毛の場合、医療脱毛を受けても効果があるのか不安になるでしょう。剛毛だからこそ医療脱毛を受けることで高い脱毛効果が期待できるようになります。

高い効果が期待できる理由は、レーザーが黒色の部分に反応するからです。そしてその黒色が濃いほど、反応する力も強くなります。つまり剛毛の場合はムダ毛1本1本が濃くて太いわけですから、レーザーの反応が良いと言うことになります。

逆にレーザーは産毛や白髪といったメラニン色素が薄い毛に関しては反応しづらいと言われていますので、ムダ毛画少ない方よりも剛毛のほうが脱毛効果も高くなると考えられるでしょう。ただし剛毛の方はレーザーが反応する力が強い分だけ、肌が受けるダメージも強くなる可能性が高いです。

部位や毛量によって個人差はありますが、剛毛の方でも3回くらい医療脱毛を受ければ、ムダ毛がかなり減ったと実感できます。ムダ毛が減少してくると、痛みもそれほど強く感じなくなってきますので、最初のうちは我慢しましょう。

もしもどうしても痛みに耐えられないときは、担当のスタッフの方に伝えるとレーザーの出力を調整してもらえたり、冷却処理を入念にしてもらったりと適切な対策をとってもらえます。

医療脱毛を受ける際の注意点

医療脱毛を受ける上で注意することは、痛みの感じる人が少なからず存在する点です。痛みの感じ方は人それぞれ異なりますが、レーザーを皮膚にあてると、輪ゴムで皮膚をはじくような感覚に近いです。ほとんどの場合は我慢できますが、痛みに対して敏感だと苦痛に感じるかもしれません。

そのため、医療機関によっては施術前に笑気麻酔をすることがあります。

脱毛施術後の肌は日焼けを控えたほうが良いので、紫外線対策を徹底することが求められます。そのため医療脱毛を開始する時期としては、紫外線の量が少ない秋や冬がおすすめです。

美容クリニックでの脱毛施術は、とても敷居が高いイメージがあります。何故なら、医療脱毛は高価だと感じる人が多いからです。費用は医療機関やコースによって異なります。

ある医療機関では両脇5回コースで、1,000円程度に設定しているようです。医療機関のホームページをチェックしたり、実際にカウンセリングで相談したりすることをおすすめします。

施術前に準備しておくこと

医療脱毛では主にレーザー脱毛が行われます。レーザー脱毛前の準備としては、シェービングがすすめられます。シェービングとはムダ毛を短くカットすることであり、男性の髭剃りのようなものです。これが実に大切な下準備であり、ムダ毛が残っているとレーザーの照射がうまく行われない可能性があります。

ではシェービングはいつやれば良いのでしょうか?これは医療機関ごとに異なり、当日処理でOKの場合や、3日前に済ませておく場合など様々です。

ただし肌がカミソリなどにかぶれやすい場合は、早めにシェービングを済ませておいてから、肌を休ませることが必要です。そのため、シェービングについては受診した医療機関の指示に従いましょう。

シェービングはカミソリやシェーバーなどを用いて行います。シェービングするときは、肌の状態を清潔にしておきます。もちろんカミソリやシェーバーも清潔で綺麗なものを使用するようにします。

シェービング処置後は肌が乾燥しやすい状態になります。そのままにしておくと外部からの刺激に過敏に反応しやすくなるため、クリームや乳液などで保湿をしておくことをおすすめします。また衣類も肌に負担のかけない、コットン製の商品などを使うと良いです。

一般的な医療脱毛施術の流れ

医療脱毛施術は事前予約・カウンセリング・施術・定期的な施術という流れのもとで行われます。名古屋にある医療機関でも、概ねこのような流れが主流です。

事前予約の方法はクリニックによって様々ですが、電話やメールでの問い合わせが一般的です。メールならばいつでも予約できるので、入力フォームに従って記入します。できれば第2希望日まで予約スケジュールを確保しておくと、ほぼ予定通りに施術が受けられます。

カウンセリングではムダ毛の悩みや部位、肌の状態などを相談します。もちろん料金も気になると思うので、不安や疑問に感じていることはカウンセリングで解決するようにします。

説明する側も専門的な言葉をなるべく排除して、できるだけわかりやすい言葉を使って疑問に答えてくれます。施術に伴うリスクについても説明もあります。やけど・増毛化・硬毛化・毛嚢炎などの可能性があることが伝えらえますが、これらのこともきちんと教えてもらうことで信頼関係を築けます。

そして実際に施術が行われますが、施術前には日焼けを避けるよう準備が必要です。また自己処理としてシェービングを行いますが、そのスケジュールは医療機関の指示に従いましょう。また最近は医療機器の発展と共に施術時間は短くなっています。そのため、時間を大きく束縛される心配はあまりありません。

医療脱毛施術は複数回行うことで効果が出てきます。そのため、一定間隔をあけて定期的に施術を受けることになります。一般的には2、3カ月間隔で施術を受け、それを数回にわたって繰り返します。

施術後のケア方法

医療脱毛施術後の肌はダメージが残っています。ダメージをそのままにしておくと、皮膚炎や肌荒れの原因となるので、適切なケアが必要です。逆に施術後のケアをしっかりしておけば、脱毛の効果をしっかり感じられます。

脱毛施術した当日の入浴はぬるめのシャワーだけにすることをおすすめします。何故なら施術当日は肌にかなりのダメージが残っており、軽く火傷した状態になっているからです。

脱毛後の肌は紫外線による刺激で、シミや皮膚炎を起こしやすい状態です。極端に日焼けをしてしまうと、次の医療脱毛施術を中止するケースがあるので注意が必要です。そのため、なるべく紫外線の影響を受けないために、日焼け止めクリームや日傘によるケアを行いましょう。

また医療脱毛施術後の肌は、敏感肌に近い状態となっているため外部からの刺激に弱いです。肌のバリア機能を維持するためにも、こまめな保湿ケアを忘れないようにします。もし施術後に赤みや炎症を引き起こしたら、軟膏を使ってケアすることになります。

医療レーザーを当てたあと、2~3週間ほどで自然に毛が抜けてきます。それまでの間はムダ毛の処理を控えたほうが良いですが、どうしても気になる場合は電気シェーバで処置しましょう。

何故なら電気シェーバーの方が、カミソリよりも肌への負担が少ないからです。施術後の肌はとても敏感になっているので、常に肌の状態に気を配りましょう。

名古屋で一押しの医療レーザー脱毛クリニックは…

名古屋の医療レーザー脱毛クリニックランキングで、当サイトがおススメするのは、
表参道スキンクリニック名古屋院です。その理由を説明します。

少ない施術回数で最大限の脱毛効果を実感できます!

表参道スキンクリニック名古屋院の医療脱毛機器表参道スキンクリニック名古屋院は、世界でも広く認められた医療レーザー脱毛機器「SLPA」(スーパーロングパルス・アレキサンドライトレーザー)を導入。それにより、短い照射時間、少ない施術回数で脱毛効果を実感できます

ワキの下の脱毛であれば数秒、全身脱毛でも1.5時間でレーザー照射が完了。一般的に、ワキの下の施術は5分、全身脱毛は4~5時間かかると言われているので、施術時間の短さは段違いです。

それでいて脱毛効果も高く、私の場合は3回目あたりからかなりの効果を実感できました。照射時間が短いため身体への負担が少なく、施術回数も少なくてすむのでトータルでかかる料金も少なくて済むのは嬉しいですね。

痛みは少ないですが、それでも気になる人は麻酔で痛みを抑えたり、完全に無痛で脱毛することもできます。

対応は親切・丁寧、納得して施術を受けられます

丁寧で親切な対応も、表参道スキンクリニック名古屋院の特徴です。カウンセリングは専門の美容カウンセラーが担当。脱毛したい部位や料金の相談など、どんなことでも気軽に相談・質問ができます

また、ドクターの診察は初診時だけでなく、2回でも3回でも行ってくれるので安心。乾燥肌やアトピー体質など、一人ひとりの状態をきちんと確認し、施術後は個人に合わせた薬を処方してくれるんです。

施術のあとはティータイム、サービスも満点です

医療脱毛の表参道スキンクリニック名古屋院施術のあとはコーヒーやお茶のサービスがあり、落ち着いた雰囲気の中でくつろぐことができます。こういったサービスはクリニックにはあまりないので、高ポイントだと思います。

こうしたサービスの良さもあってか、口コミでの評価も高い表参道スキンクリニック名古屋院。カウンセリングやテスト照射は無料なので、医療脱毛をお考えの方は一度相談されてはいかがでしょうか。


名古屋で一押しの表参道スキンクリニック名古屋院の公式サイトへ>>

医療レーザー脱毛ってそんなに良いの?生涯脱毛をする時間と費用を比較

医療脱毛のもっとも大きなメリットは、脱毛効果の高さでしょう。他のムダ毛処理と比較すると違いは圧倒的です。

ムダ毛処理にかかる一生涯の全身脱毛費用と時間

必要回数 時間 費用
カミソリ 週5回 1,080時間 600,000円
毛抜き 週5回 2,165時間 500円
脱毛クリーム 週2回 430時間 900,000円
脱毛サロン 全18回 36時間 472,500円
医療レーザー脱毛 全5回 10時間 215,000円

医療脱毛はあらゆるムダ毛処理の中で、もっとも少ない回数で完了します。

その理由は脱毛効果が高いから。ムダ毛は繰り返し生えてくるので、そのぶん処理しなければなりません。個人差はありますが、カミソリや毛抜きは週5回、脱毛クリームは週2回を一生涯繰り返す必要があります。

よって全身のムダ毛処理にかかる一生涯の所要時間の合計は、なんとカミソリで1,080時間、毛抜きで2,165時間、脱毛クリームで430時間と莫大な時間が必要になってくるのです。

脱毛サロンや医療脱毛はムダ毛が生えてくるのを徐々に抑えていくので、いずれは生えなくなるのが期待できます。いつかはムダ毛処理から解放されるので、他のムダ毛処理と比較するとわずかな時間で脱毛を済ませられます。

脱毛サロンと医療脱毛のふたつを比較すると、医療脱毛の方が脱毛器の出力が高いため、確実な脱毛効果を得られます。脱毛サロンは完了までに全18回かかるところ、医療脱毛はたった5回で完了します。よってもっとも少ない回数で脱毛を完了できるのです。

ムダ毛処理の回数は、費用の安さにもつながってきます。たとえカミソリのように価格の安い方法も、一生続ければ莫大なコストとなってしまうでしょう。その点1回の施術に43,000円もかかってしまう医療脱毛は、たった5回でほぼムダ毛0を維持できるので、コスパがいいと言えます。

カミソリ処理と比較すると医療レーザー脱毛のコスパや魅力は十分に実感できるでしょう。医療レーザー脱毛はたった5回の施術、合計215,000円でムダ毛ほぼ0の状態が一生涯手に入ります。カミソリは週に5回も全身を剃らなければならないうえ、一生涯の費用は600,000円もかかってしまいます

このように数ある脱毛方法の中でも医療レーザー脱毛は一生涯を考えてももっとも安い費用で、手間なくムダ毛処理が出来ると言えるでしょう。


医療レーザー脱毛のクリニック情報をHPでチェック>>