エステ脱毛との違いは?

ここでは、医療脱毛とエステでの脱毛の違いについて説明していきます。

医療脱毛とエステ脱毛は何が違う?

医療機関で行われている医療レーザー脱毛と、エステで行われている光脱毛の一番の違いは、エネルギーを照射するパワーにあります。

エステサロンで使われている光脱毛の機器は、医療機関以外でも使用できるようにパワーが弱く設定されています。また、エネルギーが拡散して毛根部に集中して照射できないため、脱毛効果も低くなります。

ちなみに、エステによってIPL脱毛、コスモライト脱毛、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛などいろいろな名称の施術を行っていますが、すべて光脱毛です。

一方のレーザー脱毛は、医療機関のみが使用できる脱毛機器です。照射するレーザーのパワーは光脱毛より強く設定でき、脱毛効果が高くなります

医療機関によっては、医療レーザー脱毛に用いる高出力のレーザーの機器を複数用意して、個人の肌の状態などに合わせて使い分けているところも多くあります。

また、脱毛に用いるレーザーは海外から輸入することが多くあります。それらの輸入品を日本で使用するためには、医師免許が必要になるのです。そのため、エステで無資格者が行う脱毛では、そのような輸入品を使うことがそもそもできません。その点で、医療機関で行う医療レーザー脱毛とエステなどで行われている脱毛とでは、まったく違うものだということができるでしょう。

痛みの点でいうと、レーザー脱毛より光脱毛の方が痛みは弱いといえます。また、広範囲を一度で処置できるのもメリットです。しかし、レーザー脱毛よりもパワーが弱いため、効果を感じられるまでに時間がかかる。長期間にわたって施術を受ける必要がある。などのデメリットがあります。その分費用もかさみますし、施術をやめた途端にムダ毛が元に戻ってしまうというケースもあるようです。

確実性・安全性が高いのは医療脱毛

医療脱毛のメリットには、「1度の施術で高い効果を実感できる」「処置が短時間で済む」ことが挙げられます。

レーザーは光脱毛より照射パワーが強いため、毛母細胞を確実に破壊。永久脱毛の効果も期待できるといわれています。痛みは光脱毛より強いと言われていますが、実際は輪ゴムでパチンと弾かれる程度の痛み(個人差アリ)。もしガマンできないという場合は、麻酔クリームなどの使用も可能です。

麻酔は医療機関しか使用できないので、クリニックならではのメリットと言えます。

また、安全性についてもクリニックでの脱毛が優位です。脱毛のトラブルでもっとも多いのは、ヤケドや炎症などの皮膚トラブル。万が一このような事態が起きても、医療機関であればすぐに対処可能です。

加えて、クリニックではレーザー照射前にきちんと肌の状態や体調をチェックしてくれるため、大きな皮膚トラブルが起こる危険性もほとんどないといえます。

脱毛による身体への負担を考えるなら、やはり信頼できる医療機関で、医師や専門的な知識を持っているプロのスタッフに医療レーザー脱毛を施してもらうのがいいでしょう。

エステの場合、トラブル時にできることといえば患部を冷やすことくらい。後は提携のクリニックを紹介され、自分で治療に通うことになります。通院が長引けばそれだけ脱毛期間も長くなりますし、治療費も別にかかってしまいます。

このようなケースを避けるためにも、最初から脱毛効果が高く、安全性の高いクリニックでの施術をオススメします。

参考:
日本医学脱毛協会「エステでもレーザー脱毛はできる?」
湘南美容クリニック