副作用の心配は?

ここでは、医療脱毛を受ける前に知っておきたい副作用について説明しています。

医療脱毛に副作用はあるのか?

結論から言うと、医療レーザー脱毛にも副作用はあります。その多くは、皮膚の炎症やかゆみ、ヤケド、色素沈着などです。

医療レーザー脱毛は、毛根のメラニン色素のみに作用するものですが、発生した熱が周囲の組織に及ぶことがあります。それがヤケドや色素沈着といった副作用を引き起こすのです。

この副作用を防ぐためにも、アフターケアは非常に大切。患部を冷やしたり、保湿クリームを塗ったりと、施術後に適切なケアをしてくれるクリニックで脱毛を受ければ、副作用の多くを防ぐことが可能です

万が一皮膚にトラブルが起きても、クリニックであれば軟膏や抗生物質といった薬剤の投与もでき安心です。ちなみに、副作用のほとんどは数日~数週間のうちに消えていくため、過剰に心配する必要はないそうです。

ちなみに医療レーザー脱毛に関しては、その名の通り、レーザーの光を身体に照射して行うわけですが、レーザーが届く範囲は皮膚表面の数ミリの部分に限定しており、身体の中まで届いて、何らかの影響を与えることはありません。ですから、身体の中に存在している内臓などの大切な部分への副作用はないとされています。

また、レーザーの光を照射すると聞くと、肌に悪影響を及ぼし、皮膚がんなどになるのではないかと心配する方もいるかもしれません。ただ、医療レーザー脱毛で用いる光は、皮膚がんの原因といわれている紫外線ではなく、赤外線のようなものですので、その点は大丈夫だといわれています。

脱毛後の副作用を防ぐには

医療レーザー脱毛の副作用には、自分で防がなければならないものあります。もっとも大事なのは「日焼けをしないこと」。レーザー脱毛は毛根のメラニン色素にダメージを与える方法です。日焼けによって皮膚にメラニン色素が多くなると、毛根以外もダメージを受けることになるため、施術を受けられなくなります

また、脱毛後の肌が紫外線を浴びると色素沈着や炎症の悪化を招く可能性もあるので、日常生活でも気をつける必要があります。

次に皮膚の乾燥です。レーザー脱毛は汗腺にも影響するため、一時的に汗の量が減って肌が乾燥します。乾燥がひどくなると皮膚の回復能力が低下し、炎症を起こしやすくなるので、保湿剤でしっかり肌を守ることが大切です

脱毛後の肌は敏感になっているため、身につける衣類にも気をつけます。直接触れる部分はナイロン等の化繊を避け、綿やシルクなどの肌に優しい素材を選ぶようにしましょう。

ちなみに、脱毛直後の入浴はNGです。毛穴が開いて閉じにくくなり、感染症などを引き起こす可能性があります。ただし、シャワーでサッと汗を流す程度ならOK。また、脱毛後数日間はプール・海水浴なども避ける必要があります。

医療レーザー脱毛は、きちんとした医療機関で施術を受ければ安全で確実な脱毛法です。しかし、副作用の可能性が100パーセントないとはいい切れません。そのリスクを減らすためにも、レーザー脱毛の実績を持ち、アフターケアまでしっかり対応してくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

参考:日本医学脱毛協会「レーザー脱毛は副作用がありますか?」