名古屋で医療レーザー脱毛するならこのクリニック_TOP  >  医療脱毛FAQ >  名古屋の医療脱毛、気になる痛みや通院回数は?

名古屋の医療脱毛、気になる痛みや通院回数は?

名古屋にはさまざまな医療脱毛をしてくれるクリニックがあります。医療脱毛はエステなどで行われるIPL脱毛などよりも効果が出やすい、通院回数が短い、と言われていますが、その分痛みも出やすいと言われています。メリットは多くても痛みが出やすいのはストレスになりますね。名古屋の医療脱毛の痛みや通院回数などについて知っておきましょう。

医療脱毛の痛みについて

脱毛効果が出やすく、通院回数も少ないなど、メリットのある医療脱毛ですが、痛みがあると言われることが多いです。医療脱毛の痛みについて解説します。

・医療脱毛の痛みとは?

医療脱毛の痛みは、輪ゴムで弾かれたときのような痛み、少し熱い感じ、などとよく言われます。痛みの感じ方は個人差があり、中には我慢できないほどの痛みを感じる人もいるようですが、多くは我慢できないほどの痛みではないようです。エステサロンなどで行われているIPL脱毛と比較され、痛みが強いと言われていますが、なぜ医療脱毛は痛みが強いと言われるのでしょうか?

・医療脱毛が痛いと言われる理由

その理由の一つは、脱毛機によるものです。医療脱毛に使用する機器は、レーザーを毛根にある細胞組織に当て、破壊することで発毛を阻害します。その際のレーザーの出力が高いと、効果は出やすいですが、その分痛みも強くなります。痛みが出やすいですが、効果が高いので短時間で脱毛を完了することが可能です。

一方で、医療脱毛とよく比較されるのがエステなどで行われる脱毛です。先ほども少し触れた通り、痛みに関しては、エステなどで行われる脱毛と比べて医療脱毛は、痛みが出やすいと思われている傾向があります。ただし、脱毛については、厚生労働省によって医療行為とみなされています。そのため、クリニックなどの医療機関で行うことが大前提となります。

エステなどで行われている脱毛は、痛みが少ないのかもしれませんが、医療脱毛に比べて弱い力で脱毛が行われており、効果が思ったように表れにくかったり、施術自体に時間がかかったりするというデメリットもあります。そもそも、本来は医療行為である脱毛を、医療の専門家の手で行われないとなると、想定外のトラブルが発生する可能性もあります。

大切なのは、一時的な痛みの感じ方以上に、信頼できる医療機関でしっかりとした施術を受けるということではないでしょうか。

・痛みが出やすいケースと出にくいケース

痛みに弱い人や敏感な人は、脱毛の際に痛みを感じやすいでしょう。また、生理の前後など、ホルモンバランスが乱れているときなどは、体調も変化しやすく痛みを感じやすいこともあります。肌のバリア機能が低下している場合も、肌が敏感になっているので痛みを感じやすいでしょう。さらに、レーザーは黒色に反応するので、日焼けをしている肌やシミのある部分は、痛みを感じやすくなります。

痛みがでやすい部位

脱毛をする部位によっても、痛みが違います。一般的には皮膚の薄い部分や粘膜に近い部位は痛みを強く感じることが多いようです。

・VIOライン

Vライン、Iライン、Oラインは、皮膚が薄く、外部から皮膚を守るため太い毛が多く生えている部位です。口コミや体験談などにおいても、他の部位よりも痛みを感じるという声が多いです。VIOラインは体の中でも特にデリケートな部分。特にIラインは痛みを感じやすい部位です。

・顔脱毛も痛みがある

顔も痛みがあると答える人も少なくありません。鼻の下や眉の下、もみあげなどの脱毛は、チクチクとした痛みで、焼けるような感じがするようです。

・ヒザも痛みが強い部位

ヒザ上とヒザ下の間のヒザ。この部分は皮膚が薄く脂肪もほとんどないため、痛みを感じやすいです。意外とヒザに生えている毛は太いことも、痛みを感じる要因です。

・痛みを感じる人もいれば、感じない人もいるワキ

ワキ脱毛は多くの人が脱毛をする部位です。この部位は毛も太く、皮膚も薄いです。そのため、痛みを感じやすい部分と言えるのですが、ワキはあまり痛みを感じない、という人も少なくありません。強いて言えば、太い毛が密集している人ほど、痛みを感じやすいです。

痛みに対する対策について

医療脱毛は、痛みがデメリットではありますが、対策を採ることで痛みを緩和したり、避けたりすることが可能です。

・自分で痛みを緩和する方法

医療脱毛の痛みをできるだけ軽減するには、日焼けをしないことです。また肌荒れをしていると痛みを感じやすくなるので、保湿ケアをしっかりして肌を乾燥させないなど、スキンケアをしっかりしましょう。脱毛後は、肌を冷やし、保湿を十分にすることも大事です。予約の事情もあると思いますが、生理前後はできるだけ脱毛予約を避けるようにしましょう。風邪などをひかないよう、体調も整えることが必要です。

・麻酔を使ってもらう

どうしても痛みを我慢できない場合、麻酔を用意してくれるクリニックもあります。麻酔にも種類があり、肌に塗布するクリーム麻酔や、笑気ガスを吸入して酔ったような感覚になる笑気麻酔などがあります。

・痛みを軽くする高性能脱毛機を使用しているクリニックを選ぶ

クリニックにおいても、痛みに対するさまざまな対策をしています。近年では、名古屋でも、痛みが少ない高性能の脱毛機器を導入しているクリニックも増えています。このような機器は、日本人の肌や毛質に合わせたもので、脱毛効果を落とさずに、痛みも軽くできるというもの。このような機器を導入しているクリニックを選ぶのも一つの方法です。

・スタッフの技術も関係する

施術の痛みは、施術者の技術も関係します。経験豊富な施術者であれば、機器の扱いや出力エネルギーの判断なども上手なので、痛みを少なく、効果的な脱毛をしてくれます。緊張を緩和してくれるために、声かけをしてくれるなど、配慮の行き届いたクリニックを選ぶことも大切です。

医療脱毛の通院回数

IPL脱毛よりも短時間で脱毛効果が出るため、通院回数も少ないと言われている医療脱毛。具体的にはどれくらいの通院回数になるのか、解説します。

・ワキ

ワキの脱毛の目安は5~7回程度です。

・Vライン・ヒザ下

Vラインとヒザ下は4~6回が目安です。

・I・Oラインと腕

Iライン、Oライン、腕は6~10回が目安です。

・顔

顔は6~9回が目安です。

・通院する間隔

レーザー脱毛は毛周期に合わせて通院します。一般的には、黒色のメラニン色素に反応するレーザーを使用しているので、黒い毛が生えている成長期の毛を処理します。そのため、1ヶ月、1.5ヶ月、3ヵ月おきに施術を行います。クリニックの機器によっては、毛周期に関係なく施術ができる場合もあります。

毛周期に関係なく脱毛ができる機器は、バジル式脱毛といい、バジルという毛穴にある発毛因子細胞にダメージを与えて脱毛をする方法です。この方法はメラニン色素に反応させて脱毛をするわけではないので、毛周期に関係なく施術ができるのです。

もちろん、毛の色や太さに関係なく脱毛効果が期待できます。さらに日焼けをしていても、肌の色が黒くても、安全に脱毛ができます。肌への負担も少ないのもメリットです。名古屋にもありますので、より効率的に脱毛をしたいという人は、そういった機器があるクリニックを選ぶといいでしょう。

・通院回数は脱毛の内容による

医療脱毛の通院回数は、部位によって5~8回程度が目安です。しかし、これはあくまでも基本的な回数であり、脱毛のスムーズさや痛み、どの程度の脱毛を希望するかによっては、長くなることもあります。例えば、痛みに我慢できない場合、機器の出力を落とすこともあります。その場合は、1回の脱毛効果も下がるので、その分回数が増える可能性もあります。よりスベスベに、ツルツルに脱毛したいという場合も、もっと回数を増やすことで仕上がりがキレイになるでしょう。

医療脱毛はIPL脱毛に比べると、施術の痛みが強いと言われています。その分、短時間で効率的な脱毛ができるため、通院回数も少なくてすみます。そうはいっても、脱毛部位によっては、我慢できないほどの痛みを感じる場合もあります。できるだけ痛みを感じないように、自分で対策をすることも大事です。また、名古屋には痛み対策として、痛みの少ない機器を導入しているクリニックもあります。そういったクリニックを選ぶと、痛みのストレスが緩和できるとともに、通院回数を増やすこともなく、スムーズな脱毛ができるでしょう。

参考:よくあるご質問 医療レーザー脱毛